矯正歯科の選び方

歯科矯正を受ける上で、歯科矯正の看板をあてにすることはできません。そして、一般歯科、口腔外科、小児歯科、審美歯科、インプラントなど、たくさんの診療科目をあげている歯科は、要注意です。
したがってクリニックを選ぶときには、「矯正歯科」だけの看板で、他の診療科をかかげていないことは目安となります。歯科矯正以外の治療を行っていないクリニックは、矯正だけで勝負しようとしているわけですから、それだけでも歯科医師の志がわかります。
そして、現状の日本においては、歯科医師なら誰でも、専門研修や治療経験の有無にかかわらず、開業している歯科医師個人の判断で矯正歯科の看板をかかげることが可能だということは、しっかりと頭に入れておきたい情報です。
もうひとつ知っておきたいのは、矯正だけを専門にしている歯科医師は、基本的には 抜歯も行わないということ。矯正治療のために、歯を抜くことが必要なケースがありま すが、その抜歯でさえも自分では行わないものです。連携している一般歯科の医師を紹介します。抜歯するにはそれに適した施設、設備が必要です。矯正専門のクリニックでは通常、そうした施設、設備はもっていないもの。また、矯正歯科の医師よりも、抜歯は一般歯科の医師のほうが経験も豊富で上手です。プロはプロに仕事を依頼するのです。

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です