セカンドオピニオン

セカンドオピニオンは直訳すると「第二の意見」という意味です。主治医がすすめる治療でいいのか迷ったときなどに、別の専門家に意見を聞くことをいいます。医師から治療には手術が必要といわれた場合などに、セカンドオピニオンを利用する患者も増えてきているようです。

矯正には抜歯が必要と言われたが、本当に歯を抜いた方がいいのか、入れ歯ではなくインプラントをすすめられたが、高額なので迷うというような場合に、有効に活用したいですね。信頼できる第三者の専門医から歯を抜いた方がいい、長い目で見るとインプラントの方がお得だと言われれば、安心して主治医がすすめる治療を受けることができると思います。

セカンドオピニオンを受けたい場合にはまず主治医に申し出ましょう。そして、それまでの診察の経緯を書いた「診療情報提供書」や「検査データ」などを借りておけば、セカンドオピニオンの際に、もう一度無駄な検査を受ける必要がなくなります。

肝心なのは、誰にセカンドオピニオンを求めるのかですが、各学会の指導医や専門医、認定医などの資格を持っている歯科医や、大学病院の教授などが一般的でしょう。相談したい歯科医のいる医療機関にあらかじめ電話をして、セカンドオピニオンを受けてくれるか確認しておくことが大事です。歯科医院によって通常の診察の一環として診察料をいたり、大学病院のなかには有料(保険外)で受け付けていたりします。

主治医とセカンドオピニオン医の意見が異なっていたら迷ってしまいますが、セカンドオピニオンは主治医のもとに持ち帰るのが普通です。