人的資源マネジメント

プロジェクトをスタートされる際の人的資源マネジメントとは、プロジェクトを推進する「人」の役割の明確化を表していると言える。

人的資源マネジメン卜は、プロジェクトメンバーの任命とチーム編成が主な作業だが、もっとも肝心な作業でおろそかにされがちなのが、「ステークホルダー全員を、プロジェク卜達成のために効果的に活かす」体制作りだと考えられる。
スコープと見積もりが明確になった段階で、改めてステークホルダ一、言いかえればプロジェク卜の成果物やプロセスに関わるすべての人たちについて、それぞれの役割と責任を定義する必要があるだろう。関係者を洗い出し、責任分担マトリックス(RACI)に落としこむ。これによって連絡体系を整えることができ、成果物を作成するためのスキルやリソースが適切かをチェックすることが可能となるはずである。
RACIを作成することで「誰を説得するか」「どこまでフォローするか」といった、コミュニケーションの道筋が見えてくると思う。ヒ卜のマネジメントはプロジェクトマネジャーが「人間力」を発揮するところだが、やみくもに働きかけ、感情労働に陥らないようにしよう。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です