ランディングページ

ウェブ制作担当者になると、ランディングページの制作を任されることがあります。しかし慣れていなければ何から始めてよいのか分かりませんし、より良いランディングページを作るためのコツも分かりません。

そんなあなたでも勉強すればすぐに作れるようになりますから、是非こちらで勉強して下さい。手取り足取り教えたいと思います。ランディングページの基本について、先ずは学習しましょう。

それは広告と関係します。どういうことかというと、広告の影響力が薄まっており、それがランディングページの制作動機になっているのです。人間が毎日見ている広告数は無数と言ってよい状況ですから、一つ一つの広告は注目されていないのです。そこでランディングページを作ろうとするわけです。しかし注意したいのは、ただ作れば成果が出るというほど甘いものではないということです。

ですから売れるランディングページを作るために必要な事を習得し、注意点をおさえることが大切です。

また自分で制作できない時は、どのような下請けにお願いすればよいのか知っておくことです。ノウハウのない業者に任せてしまうと必ず失敗します。さて、そもそもランディングページとは何でしょうか。そのまま意味をとると着地ページと訳せます。要はターゲット層であるユーザーの初見ページということになります。

ユーザーがそのページに辿り着くまでの経緯は色々ありますが、幾つかのパターンに分けることはできます。おそらくは「検索エンジンを通して」「広告を通して」「SNSを通して」のいずれかでしょう。そして面白いのが、これだけ色々な経緯がありながら、彼らが最初に辿り着くページは決まってランディングページなのです。当たり前のことではあるのですが、この事実を強く意識することは大切です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です