ライバルサイトのSEO対策から学ぶ

皆さんがウェブサイトを運営する中で、重要なことの一つの中に、ライバルサイトをリサーチすることなどが、含まれているでしょうか?

同業者やライバルサイトを分析しリサーチすることによって、皆さん自身が、次に行わなくてはならない様々な対策や、改善点などが見つかることが多いようです。また、ライバルサイトのSEO対策などについても、このようなリサーチを行う中で、動向などが確認することもできるようですので、皆さんの同業者だと思われるサイトを、中心に、そのようなリサーチを行ってみることも良いかもしれませんね。

また、実際には、可視化されていない新規参入者による影響も、大きいとされています。そのような新規参入者の動向なども探る上でも、市場調査や、マーケティングなどを、常日頃から行っておくことは、重要なウェブサイトの上管理ポイントの一つであります。 Webビジネスの中では、何よりも生き残りが重要です。どのような戦略を持って生き残っていくべきであるのかといったような観点を、常日頃から養っておきましょう。

「ターゲット・キーワード」の選定

皆さんが SEO対策において、キーワード選定を行う際に、競合性の高い検索ボリュームの高いSEOキーワードとして選定を行うことは、ある意味リスクを伴うことでもありますが、逆にボリュームの小さいキーワードを設定すると、その効果や、精度が低くあったり、または、全く効果が見られないというような結果をもたらすこともあるようです。

一般的には、キーワードの設定の際には、検索ボリュームが、大きいキーワードから、優先的に順位を高める形で、選抜していく傾向もあるようなのですが、その分のライバルとの競争の激しさなどから、検索ボリュームの高いキーワードをさける運営者もいるようです。

何よりも、重要なことは、皆さんが絞り込んだ、ターゲット層に響くような「キーワード」であることが重要です。「キーボード」選定によって、サイトを訪れた人々が、皆さんの目標とする成果に、結びつくようなアクションを起こしてくれることが、重要ポイントとなってくるでしょう。

ですから、キーワードの選定には、お客様のアクセス数の多いキーワード選定ではなく、お客様が、成約に至る可能性の高いキーワードなどといった形で、剪定を行っていく必要があります。この「ターゲット・キーワード」の選定を、ミスチョイスしてしまうことで、皆さんの目標とする成果への道筋が大きく危ぶまれてしまうようなこともあるようです。ターゲットとされるお客様のニーズにうまく答えられるようなキーワード設定を見つけてみてください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です